原一探偵事務所

原一探偵事務所

原一探偵事務所って?

 

原一探偵事務所はテレビでもおなじみの探偵社です。

 

 

 

例えば

 

■フジテレビ
★<カスペ!>ハンゲキ~怒涛の4時間SP~(2016年4月6日放送)

  • 「投資詐欺師にハンゲキせよ!」

★<カスペ!>ハンゲキ!(2015年3月10日放送)

  • 「リアル詐欺師vsリアル被害者」

■TBSテレビ
★「実録!犯罪列島2016詐欺師と直接対決SP」2016年 12月28日(水)

  • 実録!犯罪列島2016詐欺師と直接対決SP

★「今夜限定!完全復活!徳光和夫の感動再会“逢いたい”起死回生涙と希望の3時間SP」2016年 10月11日(火)放送
★徳光和夫の感動再会"逢いたい"

  • 徳光和夫の感動再会「逢いたい」
  • 2006年10月より番組協力(レギュラー放送・特番放送)
  • 「“逢いたい”一挙4時間スペシャル!!」(2013年3月26日放送)
  • 「“逢いたい”一挙3時間スペシャル!!」(2009年10月6日放送)
  • 「一人ぼっちの決別! 最後の希望…母に逢いたい!」
  • 「35年間音信不通! 優しい記憶の父に逢いたい!」
  • 「生きる希望をくれた恩人…リハビリの先生に逢いたい!」他

★不思議探求バラエティー ザ・世界ワンダーX (大捜索スペシャル)

  • 「ワンダーな仕事人『探偵の行方不明捜索』に密着取材!」(2015年2月20日放送)

■テレビ朝日
★奇跡の扉 TVのチカラ

  • 奇跡の扉 TVのチカラ 2002年10月より番組協力
  • 「解決!あの千葉48歳父殺人 追跡219日…ついに犯人逮捕」
  • 「栃木 青年看護師が謎の失踪!探偵プロファイル」
  • 「失踪夫(6か月)ついに奇跡発見!」 他

 

その他、多数あらゆるTV番組に協力している知名度も信頼度もある探偵社なんです。

 

費用が高いのでは?

 

そう思われるかもしれませんが、原一探偵社は見積もりを出してもらった金額以上の請求はないから安心なんです。(結構追加追加で費用が膨れ上がることが多いのですが原一は追加料金なく安心です)

 

浮気や不倫は、あなたのすぐそばで行われているとは限らないですよね。出張中の不倫とか単身赴任中とかもあり得ますよね。原一探偵は全国に拠点があるから安心して調査を依頼できるという大きなメリットがあります。

 

不倫や浮気の調査を依頼する前に、原一探偵社の公式ページで先ずは確認してみることをおススメします。

 

 

>>原一探偵社公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頻繁に掛かってきたり電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらその電話の相手が浮気相手という確率はとても高いと言えるでしょう。それがわかったら電話番号の主を突き止めるだけでいいのです。しかしパートナーの方が一枚上手ですと、浮気相手と電話をしたあとに通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはお通しの注文数から同席していた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。ほかに、クレジットカードで決済した時は月々チェックするようにします。仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間だったとして3日間で浮気が発覚しなければ調査は成功ということになるでしょう。本当は浮気をしているという場合でも、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。配偶者が不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を請求することができません。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など総合的に判断して裁判所に委ねることとなります。探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚をしないという選択肢もあります。子供がいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところでトントン拍子で離婚の話は進まないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。それは男性の場合であっても同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ